記事一覧

おすすめ記事一覧

心療内科は変更しても良い?転院のタイミングと紹介状が必要な理由の記事のアイキャッチ
心療内科は変更しても良い?転院のタイミングと紹介状が必要な理由
現在の治療方法で症状が改善せず、治療方針を見直したい場合や再発を繰り返す場合は、「転院」も1つの方法です。転院には転院先でスムーズな受診を行うために、基本情報、治療経過、投薬等について記載している「紹介状」の作成を依頼する必要があります。。
就労可能証明書って何?どのような時に必要?の記事のアイキャッチ
就労可能証明書って何?どのような時に必要?
就労可能証明書は、失業手当の受給の際などに必要となる書類です。失業手当を受給しながら就労活動をする場合や、失業手当の受給期間を延長する場合などに必要になります。退職理由が病気やケガであるという証明、今は就労できる状態であるかを証明します。
オンライン診療の初診時に処方できない薬とは?薬の受け取り方法についても解説の記事のアイキャッチ
オンライン診療の初診時に処方できない薬とは?薬の受け取り方法についても解説
オンライン診療の初診時に処方できない薬は、麻薬や抗うつ剤、睡眠薬、抗不安薬等の向精神薬などがあります。初診からオンライン診療を受診する場合、患者さんのなりすまし、乱用、転売等の防止が難しいためです。また、初診の処方日数は7日間が上限です。
感情ノートの書き方を解説!ネガティブ感情の整理とストレス軽減の記事のアイキャッチ
感情ノートの書き方を解説!ネガティブ感情の整理とストレス軽減
感情ノート(感情日記)とは、思っていることをノートに書き出し、頭の中を整理し、ストレスを減らし、心を落ち着かせるセルフケアの方法です。自分の感情を客観的みることが出来たり、ストレスの対処法を発見できたり、心の安定を感じられるようになります。
精神科・心療内科におけるオンライン診療のメリットとその効果の記事のアイキャッチ
精神科・心療内科におけるオンライン診療のメリットとその効果
オンライン診療のメリットは、通院や待ち時間の負担の解消や、通常の心療内科よりも予約が取りやすい、そして通院がバレないことです。実際に、オンライン認知行動療法が有効であることが示されており、対面療法と同等の効果を持つことがわかっています。

新着記事一覧

オンライン診療の初診時に処方できない薬とは?薬の受け取り方法についても解説の記事のアイキャッチ
オンライン診療の初診時に処方できない薬とは?薬の受け取り方法についても解説
オンライン診療の初診時に処方できない薬は、麻薬や抗うつ剤、睡眠薬、抗不安薬等の向精神薬などがあります。初診からオンライン診療を受診する場合、患者さんのなりすまし、乱用、転売等の防止が難しいためです。また、初診の処方日数は7日間が上限です。
心療内科は変更しても良い?転院のタイミングと紹介状が必要な理由の記事のアイキャッチ
心療内科は変更しても良い?転院のタイミングと紹介状が必要な理由
現在の治療方法で症状が改善せず、治療方針を見直したい場合や再発を繰り返す場合は、「転院」も1つの方法です。転院には転院先でスムーズな受診を行うために、基本情報、治療経過、投薬等について記載している「紹介状」の作成を依頼する必要があります。。
感情ノートの書き方を解説!ネガティブ感情の整理とストレス軽減の記事のアイキャッチ
感情ノートの書き方を解説!ネガティブ感情の整理とストレス軽減
感情ノート(感情日記)とは、思っていることをノートに書き出し、頭の中を整理し、ストレスを減らし、心を落ち着かせるセルフケアの方法です。自分の感情を客観的みることが出来たり、ストレスの対処法を発見できたり、心の安定を感じられるようになります。
7月にかかりやすいうつ病?:夏季うつの症状や対策法を徹底解説!の記事のアイキャッチ
7月にかかりやすいうつ病?:夏季うつの症状や対策法を徹底解説!
夏季うつとは季節性感情障害の1つで、7〜9月に発生する季節性うつ病です。「睡眠障害、食欲不振、倦怠感」は特に夏季うつの大きな特徴です。原因は、長時間の日差しの強さによる疲労、自律神経の乱れ(暑さと冷たさを交互に浴びるため)などが挙げられます。
学生とメンタルヘルスの病気:学生に発症しやすいメンタルの病気は?の記事のアイキャッチ
学生とメンタルヘルスの病気:学生に発症しやすいメンタルの病気は?
学生のうつ病の症状は、食欲増加、過眠、イライラなどの大人のうつ病とは少し異なった症状を発症します。主な原因としては、人間関係、周囲との比較、進路への過度な不安、SNSなどが挙げられます。特に、不安障害、摂食障害などが学生によく起こります。